ポリフェノールで老化防止

ポリフェノールで老化防止

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれているもので、種類は5000種類以上にも及ぶといわれています。細胞の生成、または活性化に非常に重要な役割を果たすといい、香料や色素として人々の生活の中で多用に使われてきた歴史があります。

 

 

 

そしてまた何よりも最近注目されるようになったキッカケといったら、赤ワインのポリフェノールが抗酸化作用によって老化防止効果があるといったことでしょう。動脈硬化や脳梗塞を減らす作用があるとしてかなり話題になりました。また、ホルモンの分泌を促進して、若い体を保つことができるのも特徴になります。

 

 

 

これまでも赤ワインを始めとするさまざまな種類のぽろりフェノールが検出されて、そのいくつかは健康食品や医薬品として使われるようになりました。

 

 

 

抗酸化作用を持つ物質としては抗酸化ビタミンであるビタミンAやビタミンEも注目されていますが、こうしたポリフェノールを含む食品や飲み物が健康によい、または美容やアンチエイジング効果があるとしてにわかに脚光を浴びている事が多いものです。

 

 

 

カテキン、アントシアニン、タンニン、ルチン、イソフラボン、クロロゲン酸、エラグ酸、リグナン、クルクミンクマリンなどがよく聞かれますがそれ以外のものでもポリフェノールが含まれているものが多いので意識して摂取するようにすると、体の中から若さを保つことができるかもしれません。

 

 

 

またこうした食品や飲み物からつくったサプリメントもあるので、興味のある方は試してみるといいでしょう。